読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トーシローが投資を始めて先が透視できず結果が寒くて凍死しそうなブログ

FXとか株式とか難しいよね。勉強しながら利益出ればうれしいよね。でも多分無理だよ。

長期金利、マイナス0.1%で過去最低と・・・でも素人の感覚としてはへんな気がするんだよな、やっぱり。

コラム

今日のニュースで
headlines.yahoo.co.jp
ってのが出てます。

で、中身を見ると

国債をマイナス金利で買って満期まで保有すると、通常なら銀行や証券会社などの投資家は損失を被るが、現在は国債を大量購入している日銀に高値で転売でき、利益を確保できる。

と書いてある。

まぁ、そうなんだろうとは思うけども、国債の長期金利のマイナスはやっぱりへんな感じ。

もともとは国債は
すみません、このままでは国を運営していくお金が足りません。すみません、利子付けて返すので貸してもらえませんか?
みたいなもんだと思ってたのですがこれでは
すみません、このままでは国を運営していくお金が足りません。すみません、あなたのお金減りますが貸してもらえませんか?
ってことになっているような。

違うか。国債売りだす時はどうなってるの?プラス?マイナス?
(この自分で調べる感の無さが好感持てますって自分で言っとく。)

実際は国債を売買するからこうなるのでしょうけど、どうも素人目には「マイナス金利」は理解し難い。

そういえば義父が国債持ってると言ってたがどうなっているんでしょうかね。

買った時のまま売り買いしなければ、もともとの利子もらえるんでしょうね、たぶん。

今度会ったら聞いて見ましょう。間違ってたら教えてくれるでしょう。

まずは「東大生が書いた世界一やさしい株の教科書」を勉強のために買いました。

書籍

とにかく「投資」と言ってもまだ何もわからない。

できるとしたら「株式」が漢字で書けたり「FX」が筆記体で書けるくらいである。

これではまずい。

これでいきなり現金を投資しするなんて・・・

でまず勉強ということで買ってみた。

東大生が書いた世界一やさしい株の教科書 (PHP文庫)

ははは、投資始めると偉そうに言ってもこのレベルから。

ま、ブログタイトルは嘘ついてないし良しとしよう。

あとは今日のホットエントリー、「らくからちゃ (id:lacucaracha) 」先生の
www.yutorism.jp
をじっくり読み込む・・・読み込む・・・読み込む・・・あ、明日からがんばります。

国の借金が莫大にあると言われているのに、なぜ日本円が「安全資産」って言われるのか。

コラム

どうやら、円高が止まらないようですね。

ニュースでは「安全資産である日本円が買われて円高になり・・・」と盛んに言ってます。

でも素人には不思議なんですね。

他のニュースでは、日本の財政は大赤字で借金の額は1000兆円を超えているらしい。

普通に考えたら「破たん」してもおかしくないような数字ですね。

そんな国の通貨が「安全資産」とは本当に不思議なんで調べてみました。

日本の政情が関係している

調べるとどうやら「日本の政情」が絡んでいるらしい。

日本はご存知のように世界にまれに見る平和国家です。

戦争もないし、突然のクーデターなどで政権が倒れることも、しばらくはなさそう。

テロの脅威も今のところは非常に少ない。(この先はわかりませんけどね。)

となれば、その国が突然倒れて「日本円が使えなくなる」ということも、そうは起きそうにない。

そういったことで安定している国の通貨「日本円」が「安全資産」として人気があるようで、世界に不安材料があると「円」が買われる方向に動くと言う事らしいです。

日本人としては誇らしく思ってもいい事案なのかも知れませんが、「円高不況」になるようではそれも痛しかゆしですね。

このブログについて

about

このブログは全くの素人がFXや株式を勉強しながら投資して利益が出たらいいなぁと思い、そこで学んだことなど書き綴るブログです。

おそらく更新頻度は1週間に一度できればいいかなぁくらいの軽い感じで始めます。

具体的にはまだあまりはっきりした方向性が出てませんが、10万円くらいの投資から始められればいいかなと思っています。

その前に、その10万円をなんとかしないといけないという大きな壁があるのですが・・・

では、始めてみましょう。

利用するに当たっての注意事項

当サイトのソフトウェアまたWebサービス等の使用法等を含む、すべての情報につきましては、当サイト管理人が個人的に解釈・まとめた情報ですので、必ずしも正確性、信頼性、妥当性、有用性、完成度等を保証するものではありません。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負い兼ねます。
必ず各リンク先、オフィシャルサイトなどをご参照頂き、ご自身の判断、責任にてご利用頂きますようお願いいたします。
本免責事項及び、当サイトに記載されている情報は予告なしに変更、または削除されることがあります。予めご了承下さい。

リンク・引用について

著作権は放棄しませんが、当サイトへのリンクはご自由に行ってください。
連絡等は不要です。